自分で行う排水管の水漏れ修理

排水管の蛇口部分にあるパッキンは比較的劣化しやすいものです。パッキン自身の交換は自分でもできる簡単なものなのでその方法は確認しておくべきでしょう。

■排水管のパッキン修理

排水管のパッキンにトラブルがあって水漏れしている場合には自分でパッキンを購入して交換することも可能です。特にU字型になっている部分のパッキン交換であれば、簡単に自分で行うことができますので、業者を呼ぶ必要はありません。パッキンにはいくつかのサイズがありますが、ホームセンターでサイズごとに購入することも可能です。
正しいパッキンに交換しなければ修理の効果が出ませんので、パッキンの型番をしっかりと確認することが重要です。そして、しっかりナット部分を絞めて水漏れが起きていないことを確認しましょう。

■樹脂製の排水管の場合

樹脂製の排水管から水漏れしている場合には自分で修理することも可能です。多くの場合においてパッキンだけでなくパイプの一部を交換するだけですので、素人であっても知識があれば修理をすることができます。ただし、大掛かりな工事の場合には樹脂製のパイプであっても、排水管全体を壊してしまうことになりかねませんので注意が必要です。


■まとめ
排水管の接続部分であるパッキンのトラブルによって水漏れが起きている場合には、自分で修理を完了させることもできます。しかし、中には専門の業者を呼ばなくてはいけないというような事態も考えられますので、迅速に状況判断をしっかりと行うことが大切です。また、排水管の劣化を防ぐためにも定期的にパイプのメンテナンスをするべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ