排水管の水漏れマル秘テクニック

水漏れの原因として排水管が損傷していることも考えられます。そのため、排水管の損傷への基本的な対処法は知識として持っておくと安心でしょう。排水管の損傷によって水漏れが起きてしまっている時には、パイプ自体の交換が必要になります。

■排水管自体の損傷

パッキンの場合と同じように、パイプの中には自分で修理することができるものもあります。特にS字型のトラップの場合には、ホームセンターなどでパイプを購入すれば、自力で修理が可能です。
一方で複雑な形状をしたパイプの場合には無理に手を出さないで専門の水道 工事業者に修理を依頼する方が賢明でしょう。正しい方法で修理をしないとすぐに不具合が起きてしまって水漏れにつながることも考えられるからです。

■金属製パイプの損傷の場合

金属製のパイプが劣化しているときにはほとんどの場合簡単に修理することはできないと考えて、専門の業者に修理を依頼が必要です。排水管は、どんなものであっても経年劣化するものであると考えて定期的に業者に点検をしてもらって、必要に応じて交換をするように考えておくといいでしょう。



■まとめ
排水管の水漏れの場合には、一部の例外を除いて、修理を専門の業者に依頼することが賢明です。特に床下にあるパイプの交換は非常に難しいものですので、確実な交換をするために専門の業者の助けを借りるといいでしょう。また、パイプは徐々に劣化していくものですので、定期的にプロに確認をしてもらうと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ