排水管で起こるパイプの水漏れトラブル

排水管で起こるパイプの水漏れトラブル 排水管の水漏れトラブルが発生したらどのような対応が必要になってくるのでしょうか?できるだけ迅速に対処することが肝要ですので、機敏な対応を考えるべきです。もし台所の床が濡れているというようなことに気が付いたらパイプのトラブルを考えてみることも必要です。自分で確認できる場所からのパイプの水漏れの場合は、直ぐに対応出来るでしょうが、家中のいろいろなところを調べてみてもトラブルを発見出来ないという場合には、目に見えない場所で破損している可能性もあります。自分で確認するのが難しい時にはプロに助けてもらう方が確実な対応ができます。

■排水管のトラブルに気が付いたら

目に見える場所のトラブルであれば、自分で修繕することもできるかもしれませんが、目に見えない場所の場合には、トラブルが起きてしまっている箇所を特定することもできませんし、更にはそれを簡単に修理することもできなくなってしまいます。
目に見えない場所のトラブルとしては、下水用の排水管からの水漏れがあります。排水管のトラブルがどこで起こっているかを調べてもらうには専門の業者に依頼する方法が確実でしょう。

■パッキンの劣化
水漏れの原因の一つとして排水管に使われているパッキンの劣化があります。パイプは通常一本のものではなくて複数のパイプがつなぎ合わさって作られています。それぞれをつなぐ部分にパッキンが使われているのですが、パッキンが劣化してしまうと当然のことながら水漏れが起きる原因となります。ゴム製のパッキンは経年劣化しますので、定期的にパッキンのメンテナンスをすることも必要です。
専門の業者であれば、素人ではわからないパイプのトラブルが起きている場所を瞬時に探し出してくれるはずです。そのままにしておくと家自体に大きなダメージを与えてしまいかねないため、出来るだけ早い対処が大切になります。

■排水管の劣化と工事ミス

パッキンなどの部品だけではなく、排水管のパイプ自体が劣化することも少なくありません。樹脂で作られている場合には経年劣化によって折れることも考えられます。金属製のパイプも同様に腐食による破損の可能性があります。また、パイプの下部が蛇腹ホースになっている場合はその部分が劣化し収縮することによって不具合が生じるケースも珍しくありません。
他にも、ホースの部分が正しく装着されておらず、そこから水漏れが発生することもあり得ます。簡単にもとの状態にホースを戻すことが出来るのであれば問題ありませんが、深刻な状態の場合は自分でやろうとせずに業者に修理を依頼することが必須です。
金属製のパイプの汚れを取ろうとして無理な力を与えてしまうとそれによって、劣化することも考えられます。パイプのメンテナンスをすることは間違ってはいませんが、正しい方法によるメンテナンスが大切です。
排水管自体の設置が正しく行われていないために、水漏れを起こす場合もあります。そういった施工の問題による水漏れに関しては素人レベルで対応することはできませんので、できるだけ速やかに専門の業者に対応を依頼しましょう。

■まとめ
排水管のトラブルというのはいつでも起こり得るという点を念頭に置いておくべきでしょう。家の中に水漏れを見つけた場合、自分でその原因を探せない時にはそのままにせず専門の業者に依頼をして、出来るだけ早くトラブルを起こしている箇所を探し出すことが求められます。トラブルをそのままにしてしまうと、家に大きなダメージを与えてしまいかねません。専門の業者に依頼する場合には24時間いつでも対応してくれる業者を探して見るといいでしょう。排水管だけでなく家自体の修理が必要になってしまう危険性を避けるためには迅速な対応が一番大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース